RTI Japanese

24 投稿 0 コメント

Stay connected

22,945ファンいいね
3,517フォロワーフォロー
0購読者購読

Latest article

蔡総統「中華民国と中華人民共和国は互いに隷属しない」、中国大陸が反発

蔡英文・総統は双十国慶節の演説で、「中華民国と中華人民共和国は互いに隷属しない」と発言。中国大陸側が反発している。(写真:ロイター)蔡英文・総統は10日、双十国慶節祝賀大会の演説で、「中華民国と中華人民共和国は互いに隷属しない」などと発言しましたが、これに対して中国大陸側が反発しています。中国大陸で台湾事務を管轄する国務院台湾事務弁公室の馬暁光・報道官は10日、この蔡英文・総統の演説内容について、「台湾独立を言いふらし、対立を煽り、歴史を引き裂き、事実を歪め、いわゆる『コンセンサス、団結』を隠れ蓑にして台湾の民意を人質に取り、外部の勢力と結託して、その『独立』を図るため挑発している」と厳しく批判しました。また、「『民進党当局』は『92年コンセンサス』を否定し、対話の基礎を破壊しており、『台湾独立』の分裂を図ることで、台湾海峡両岸の対話の扉を閉ざしている」と指摘しました。この中国大陸側の批判に対して、台湾で中国大陸事務を管轄する行政院大陸委員会は、書面による方式で、「中共国務院台湾事務弁公室による何らの建設性もないルールと批判中傷は、台湾海峡両岸の間の認識の溝を深めるだけだ」と反論しました。さらに行政院大陸委員会は、「蔡英文総統の談話は、台湾海峡両岸政策の一貫性を示しており、台湾の2300万の人々の固い決意と意思を伝えている。北京当局が敵意に基づいた認識と、武力を争いの解決手段とすることを捨てるよう呼びかける。台湾の国家主権は、いかなる悪意と挑発によっても壊されることはできない。中華民国は主権が独立した国家であり、110年、絶えることはなかった。台湾海峡両岸にはいかなる隷属関係もない。これは事実だ」と主張しました。蔡英文・総統は、双十国慶節での演説の中で、「永遠に自由・民主の憲法政治体制を堅持する」、「中華民国と中華人民共和国が互いに隷属しないことを堅持する」、「主権が侵犯、併合を許さないことを堅持する」、「中華民国台湾の前途は、全台湾人民の意思に従うことを堅持する」という、いわゆる「四つの堅持」を発表しています。(写真:ロイター)ソース:RTI編集:早田健文 ソース:RTI

新北市、国歌斉唱で全国運動会の聖火リレーを迎える

台湾北部・新北市では10日、国旗掲揚式と全国運動会の聖火を迎える儀式を行い、新北市の侯友宜・市長(前列右から2人目)は、聖火リレーのトーチを高く掲げた。全国運動会は16日に開幕する。(写真:CNA)2021年10月16日から21日まで行われる全国運動会(日本の国体に相当)の聖火リレーは、9月24日に台湾北部・新北市を発ち、台湾の22の県と市を回ってから、中華民国の建国記念日、10月10日「双十国慶節」に新北市に戻った。新北市の侯友宜・市長は、聖火リレーを迎えた。侯友宜・市長は、聖火の受け入れを、双十国慶節の国旗の掲揚式と国歌の斉唱と合わせた。侯・市長は東京オリンピックの台湾の女子体操代表、丁華恬・選手、女子ボクシング代表の林郁婷・選手らと国歌を歌ってから、聖火を次のランナーである、棒高跳びの名手、謝佳翰・選手に渡した。聖火リレーは10日から13日まで、新北市の29の行政区を回っている。※ ※ ※ ※ ※ ※台湾の棒高跳びの名手、謝佳翰・選手は、聖火のトーチを掲げて走り出しました。日本の国体に相当する、2021年の全国運動会は、10月16日から21日まで、北部・新北市で行われる予定です。新北市の侯友宜・市長は、10月10日の双十国慶節に、東京オリンピックに出場した、台湾の代表選手、女子体操の丁華恬・選手と女子ボクシングの林郁婷・選手らを率いて国家を歌い、聖火リレーを迎えました。侯友宜・市長「国慶節だから、与野党と中央・地方を問わず、この全国レベルの大会に臨もう」東京オリンピックに出場した女子ボクシング、林郁婷・選手「母校で試合し、是非金メダルを地元に残したい」2021年全国運動会の聖火リレーは、9月24日に新北市を発ち、台湾の22の県と市を回ってから、10月10日「双十国慶節」に新北市に戻りました。10日から13日までは、新北市内の29の行政区を回っています。全国運動会の開幕である16日には、聖火は試合の始まりを告げ、アスリートたちも応援します。(編集:曽輿婷/王淑卿)  ソース:RTI編集:王淑卿 ソース:RTI

双十国慶節祝賀大会、見どころを振り返ろう!

憲兵オートバイ部隊のパフォーマンス。中には女性が7人いる。(写真:CNA)中華民国110年(2021年)の建国記念日、双十国慶節の祝賀大会が10月10日に行われた。大会には、ストリートダンスグループ「The Best Crew(TBC)」、中華民国体操協会、「We.R特技跆拳表演團(WeR特技テコンドー・パフォーマンスグループ)」などによるパフォーマンスが行われ、見どころ満載だ。※ ※ ※ ※ ※ ※中華民国110年(2021年)の建国記念日、双十国慶節の祝賀大会が10月10日に行われました。大会には、見所満載のパフォーマンスが行われました。台湾のストリートダンスグループ、「The Best Crew(TBC)」は、10歳未満から60代まで、幅広い年齢層のメンバーたちは、ブレイクダンスを披露しました。祝賀大会でブレイクダンスが披露されるのは3年ぶりです。2024年のパリ五輪に、ブレイクダンス種目が追加されます。TBCは双十国慶節祝賀大会でのパフォーマンスを通して、オリンピック大会に進出する意気込みを見せました。今年の祝賀大会のパフォーマンスには、斬新な演出が多かったです。中華民国体操協会による「輝く青春、私達の本拠地」は、台湾南部・台南、北部・桃園と新北市から来た、小学校1年生から大学院2年生までの若者130人が新体操を披露し、若者ならではの活力を見せつけました。台湾で初めて、テコンドー、背落ち宙返り、ストリートダンスを結合したグループ「We.R特技テコンドー・パフォーマンスグループ」による演目「団結と希望」に、観客は目を奪われました。祝賀大会の司会者「第1パートは、台湾の原住民族・タイヤル族の伝統歌謡に合わせて、テコンドーの力強さと動作の美しさを伝えています」パート2は、C-POPのヒットソング「虹」を背景に、パフォーマーたちは虹色のマスクをつけ、コロナ禍の中の力と団結を象徴しています。最後のパート3は、日本のアニメ「鬼滅の刃」の音楽の中で、テコンドーの試割の「撃破」(キョッパ)の華麗な技を披露しました。パフォーマンスに続いて、政府に正式に認められている原住民族16部族、60人による合唱団「Shenai」が、台湾で人気の応援歌「手牽手(Hand in Hand/手と手を繋いで)」に、原住民族の伝統歌謡を取り入れて、原住民族語と標準中国語でカバーしました。歌声を通して、新型コロナウイルスの収束と、人々の幸せを祈願しました。祝賀大会のあと、「OUR HEROES!台灣英雄大遊行(台湾英雄パレード)」が行われました。2020東京オリンピックとパラリンピックに出場した選手たちは車に乗って台北市の街をまわり、沿道からの拍手喝采を受けました。祝賀大会の司会者「台湾の代表チームは、東京オリンピックとパラリンピックで金2、銀4、銅7の合計13枚のメダルを勝ち取り、過去最高の成績を収めました」その他、英雄パレードには、新型コロナウイルスの封じ込め、災害の救助、国土の防衛などで多大な貢献をした業種の代表者らも参加。街を巡回することを通して、双十国慶節祝賀大会に参加できない市民にも、これらの英雄の勇姿を届けるということです。(編集:曽輿婷/王淑卿)  ソース:RTI編集:王淑卿 ソース:RTI