双十国慶節のメインビジュアル公開、「金陽雙十」と題し挑戦を恐れない台湾人への敬意表す

53
2021年の「双十国慶節」のメインビジュアルが公開された。「金陽雙十」と題し挑戦を恐れない台湾人への敬意表す。(写真:内政部提供)

10月10日の中華民国の建国記念日にあたる「雙十国慶節」を前に、中華民国国慶節準備委員会は8日、フェイスブックで今年の「雙十国慶節」のメインビジュアルを発表しました。

メインビジュアルのタイトルは「金陽雙十」。

交わりあう6つの線で、民主、自由、平等、人権、希望、平和を表していて、挑戦することを恐れない台湾人への敬意を表しています。

メインカラーである「太陽の金(陽光金)」は、エレガント、情熱、貴重さを表していて、民主主義の尊さを示し、アクセントカラーの「台湾レッド(台灣紅)」は、ゆるぎなさ、信念、勇敢さを、「民主グリーン(民主綠)」は、自信、希望、平和を表現しています。

準備委員会はフェイスブックのファンページで、このメインビジュアルを公開するとともに「民主大聯盟 世界加好友(民主大連盟 世界が友達に)」というイベントのテーマを記しました。

そして、半世紀以上にわたり、民主主義と自由が台湾人の安全を守り、インド太平洋地域の安定を維持している。また世界の経済・貿易ネットワークのつながりも織りなしている。この同じ価値感は、世界中の同じように自由を目指すパートナーたちを緊密に結び付け、互いの幸せと、友好支援の同盟を生み出したと説明しました。

(編集:中野理絵/王淑卿)

ソース:RTI
編集:中野理繪
ソース:RTI